黒髪について

黒髪について・・・

WISE-FIXの筬です

今回は黒髪について詳しく書きたいと思います‼‼

 

その前に日本人の髪についてお話します!!!

日本人の髪は赤色系の人か黄色系の人がいらっしゃいます。

自分がどれになるのか気になる方は美容室などで聞いたら教えてくれますよ!

例をあげると…

たまに小さなお子さんなど髪の毛が明るい方とかいらっしゃると思いますが、

そういう方はどちらかというと黄色系の方で、

日光などに当たって茶色に見える髪や結構暗めの髪の方は赤色系の方になります!

(※あくまで目安ではありますが。)

しかし、今の日本は食生活などが欧米化しているので、

その影響かもしれませんが、昔の日本に比べて地毛の色が明るい人が増えつつあります!

 

 

そんな日本人の髪ですが、大体の人がカラーをすると思います‼‼

大学や専門学校になって染めたり、職場によっては染めたりなど…

色々な場面でヘアカラーは関わりをもつのですが、

就活やバイトなどで黒髪にしないといけない場面って多くないですか???

そこで美容室に行って染めに行ったり、市販の黒染めで染めたりすると思います。

 

しかし、黒にした後にまた染めて大変な思いをされたり、後悔した人って結構多いんですよ!!!!

なかなか次から思うような色にならない、ブリーチをしないと色が入らないなど言われたり、黒なんてしなきゃよかったなんて思われる方もたくさんいらっしゃいます。

 

そこで失敗しない黒髪の注文の仕方や、おすすめの黒髪をこの場を借りてお教えしたいと思います‼‼‼

 

 

失敗しない黒髪についてなのですが、カラー剤で黒髪を作るのですがカラー剤にも色々と種類があります。

オシャレ染めや白髪染め、ヘナ、マニキュアなど…

その中でも色が抜けにくいのが、白髪染めやヘナ、マニキュアですね!

なぜかというと…

白髪染めは白髪をしっかりと染めないといけないので染料がしっかり入るように作られているので、退色もしにくいですし、次回オシャレ染めで染めてもなかなか色が入らない、思った色にならないなどにつながります!

ヘナは髪の毛に優しくて頭皮にも優しいのです。しかし、種類にもよりますが白髪染めよりも色が抜けにくくブリーチ等を使ってもなかなか明るくならず残留します!

マニキュアは髪の毛を傷めたりはしないのですが髪の毛の表面にコーティングするので、色が髪の毛になかなか入らず思った色になりません!

もし、この先ずっと明るくしない方や白髪の方は全然白髪染め、ヘナ、マニキュアで構わないのですが、次回明るくしたい人や今だけ黒髪と思われている方は絶対にオシャレ染めがおすすめです‼‼‼

あと、市販の一週間染めのオシャレ染めみたいなのもあるのですが、それもお店でするカラー剤とは異なるので、次回お店でカラーをしても思うようにならないのが現状なのでオススメできません。

 

それと一度お店で黒髪にして、次明るくする時は前回黒髪にしたお店に行くことをオススメします!!!

なぜならば、違うお店にいっても前回なんのカラー剤を使って黒髪にしたのかお店の人はわからないからです。オシャレ染めか白髪染めかでも全然違う処置をしないといけないのでなるべく黒髪でしたところでするとお客様個人のデータやカルテがあるので安全で安心です!

もし、市販などでした場合はどんなのでしたかをしっかり覚えておくと美容師さんは助かりますし、自分が納得できる処置をしてくれると思いますよ‼‼

 

 

 

そして、黒髪のオーダーと流行りの黒髪カラーですね!

まず黒髪のオーダーなのですが、

どのくらいの期間黒髪でいたいかにも種類が変わりますし、次カラーするときに何色がいいかによっても使う黒髪の色が変わります‼‼

 

 

 

まず、黒髪にも色々あるのが先ほどわかったと思いますが、

カラー剤で作り出す黒って色々あるんです!!!

赤色がすごく暗くなっても黒に見えるし、青色がすごく暗くなっても黒に見えますよね?

そう考えたら日本人の黒髪というのは赤色のすごく暗い色だと思ったら簡単ですね!!!

地毛のような黒髪にしたいと言われると、美容師さんはまず暗いブラウンを入れます!

ブラウンってどちらかというと暖色系の色なので、赤っぽく見えます。もし、次回アッシュ系や寒色系の色にしたい場合はこれにするとNGになります‼‼

なぜかというと、赤色ってどのカラーよりも放置時間を長く置かなければ色が入りません!なおかつ、髪の毛に残留しやすいので次のカラーをしてもその赤みが邪魔をしてなかなか希望の色にならないのでNGになります。

次回は寒色系の色にしたい人やまだわからない人は、青系の色で黒染めをするのをオススメします!

青系の色で黒染めをするメリットは…

・退色してもオレンジにならずに透明感がでる。

・ブリーチ等で明るくした場合に綺麗に色が抜ける。

・次の色が寒色系でも暖色系でも色が入りやすい。

などがあげられます!

「すごく重たい感じにならないですか?」など不安要素があるとは思いますが、だいたいの日本人の方の髪の明るさが5レベルくらいんですが、すごく重たく見えるのはそれよりも暗い場合は重く見えるので、3レベルとか4レベルにしなければ大丈夫です!

レベルがわからないと思うので簡単に…

1~4レベル(真っ黒で重たく見えるレベル)

5~6レベル(ほぼ黒っぽいレベル)

7~9レベル(染めてるとわかるレベル)

10~12レベル(カラー剤で一番明るいレベル)

12レベル以上(ブリーチ等を使わないと明るくできないレベル)

と大雑把に分けるとこんな感じですね!!

 

なので、寒色系の色で5~6レベルくらいにすると重たすぎない透明感のある黒染めになります!!

 

 

次回わからない方でも、ブラウンなどではなくて寒色系の色にするとどんな色もできるのでぜひ一度オーダーしてみてはいかかですか?

 

では、流行の黒髪なのですが真っ黒にするのではなく、ハイライトやローライトを入れて、動きのある感じや、先ほどもお話した寒色系の色の黒髪です!

 

 

【ブルーブラック】

このカラーは染める前の髪の毛の明るさが、根本中間が7~9レベル・毛先10~12レベルです。そのベースの髪の毛にブルーとグレーの一番暗い色を配合してます。
ブルーブラックは、ブルーとグレーをメインにしてるので透明感があります!

もっと暗い感じで黒髪にもできますが、今回は黒すぎないでブルーな感じにしたいとのオーダーで、ベースがグラデーション風だったのでそれを利用してグラデーションにしました。

 

ブルーを使って、もっと暗くも出来ますし、もう少しナチュラルにも出来ます!

他にもカーキ系やバイオレット系にも出来ます!!



そんなカラーがこの秋冬はキテますので、ぜひ一度されてみてはいかがでしょうか!!