ネイルケア  2

  • こんにちは( *´艸`)
  • Wise-fixの渡辺です。

  •  前回のブログ投稿に引き続き、ネイルケアについてご紹介したいと思います。 


  • ★もう爪を削らない!!!新しいジェルネイル★

  • ジェルネイルの前に必要な爪を削るサンディング。しかしこのサンディング、自爪には結構ダメージがあります。(´;ω;`)
  • 爪を削るジェルネイルを何度も繰り返し行うと、爪が薄くなったり弱くなったりしてしまいます。利用者のなかにはネイルを楽しめなくなるほど、爪が激しく傷んでしまう方もいます。。。
  • しかし、wiseではサンディング不要の爪に優しいジェルネイルを導入してメニュー展開いています。

  • ・・shellac〔シェラック〕ネイル・・

  • Wiseでは、お客様の爪の負担を考え、数年前からサンディング不要のシェラックを導入しました。
  • シェラックは2010年のアメリカ発売以来、世界60ヶ国以上で愛用されているサロン用パワーポリッシュです。サンディングなしで手軽な塗布とUV硬化で仕上げていく、『ポリッシュ』と『ジェル』の強みを併せ持ったハイブリットネイルケアシステムです♪

  • ◎シェラックネイルの特徴◎
  • ・ジェルネイルのような高いツヤ
  • ・すぐに欠けたり剥がれたりすることが少ない
  • ・ツヤが長持ち
  • ・5指同時にUV硬化可能
  • ・薄付き、軽い着け心地
  • ・約10分でサロンオフが可能

  • ・爪表面を削らないため、爪が傷みにくく、施術時間も短縮 このようにサンディングが不要になれば、自爪を傷ませないだけでなく、ジェルネイルの施術時間も短くなり長時間の座ったままの姿勢から解放されます。
  • 興味がある方、やってみたいと思われた方は、ぜひwiseスタッフまでお尋ねください(^^)/ 

  • ★爪トラブルで多い爪割れ★

  • お肌が乾燥する今のシーズンは、爪も割れやすくなってしまいます。爪が割れると、ネイルを楽しむどころではなくなってしまいますよね。。。
  • では、そもそも爪が割れるのはどうしてなのでしょうか。そして、爪割れを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。


  • ・・爪割れの原因・・

  • 原因としてはまず、爪の乾燥です。
  • 爪は肌組織の一部であり、これを構成する肌細胞は水分を多く含む物質によってつなぎ合わせられています。そのため爪の水分が不足すると肌細胞同士の結合が弱くなり、爪が脆くなってしまいます。
  • また爪は、紫外線の影響によって割れやすくなることもあります。爪は肌と同じですので、長時間紫外線を浴びると水分が奪われて乾燥し、割れやすくなってしまします。


  • ・・爪割れの予防・・

  • ネイルオイルが一番効果的ですが、お持ちでない方がほとんどだと思います。
  • そういう時は、普段からこまめに化粧水を使って指先に水分補給をしたり、ハンドクリームを塗ったりすることが大切です。
  • また、洗い物をしたり手を洗ったりするときに使う洗剤には爪に刺激を与える成分が含まれていますので、洗浄力がマイルドな洗剤や、手を保護する成分が配合されている洗剤などを使うのもオススメです。
  • 指先の保湿をすることは健康な爪を育てる上でも非常に大切なことですので、朝起きた時や出かける前、お昼休み、手を洗った後、入浴後など、思いついたときでかまいませんので、こまめな保湿ケアを心がけてみてください(^^)/ 

  • ★爪に出る線の正体&線の問題点★

  • ぶつけたり、挟んだりしたわけではないけれども、気がつくと、爪に今までなかった線が現れたことはありませんか?
  • 実は、線の出方によって原因が様々あるのです。あなたの爪はどれに当てはまりますか?


  • ・・爪に入った縦線の原因・・

  • 爪に入った縦線の原因は、加齢による老化現象と乾燥によるものです。
  • 老化現象は、髪の毛でいう白髪のようなもので、年齢を重ねるとともに縦線が現れることが多いです。胃腸の働きの衰えや呼吸力が減ってきたことを意味します。
  • 乾燥は、水分や油分が少ないと爪の表面に現れてきます。爪は乾燥に弱いのです。しっかりと保湿をしていきましょう。

  • ・・爪に入った横線の原因・・

  • 爪に入った横線の原因は、不規則な生活や栄養不足と間違ったネイルケアによるものです。
  • 爪は爪母という爪の根元下にある器官に送られた栄養を原材料にして作られています。爪の原材料となる栄養が不規則な生活や栄養不足により均等に行き渡らないと、爪自体のなめらかさを失います。
  • その結果、爪の表面に横線が入ったように見えるのです。爪の根元にある甘皮の処理を知識もなく無理やりにやってしまうと、爪に負担がかかって横線ができます。
  • 間違ったネイルケアはネイルだけでなく、皮膚の炎症の原因にもなりますので注意が必要です。

  • ・・爪に入った黒い縦線の原因・・

  • ほくろの色素もしくは皮膚がんによるものです。
  • ほくろの色素は爪の根元下にある爪母付近にほくろの色素が混入することによってできます。
  • 皮膚がんによるものは、皮膚がんの色素が発生して爪に黒い縦線が出る場合があります。黒い線は判断が難しいため、専門医に見てもらうことをオススメします。 

  • このように、爪は健康のバロメーターとも言われるように、身体で起こっていることが出やすいパーツです。爪の症状で気になった場合は病院で受診してみてください!!!


  •  ★冷え性によるネイルトラブルの解決方法★

  • 『爪は万病のもと』とも言われますが、冷えによるネイルのトラブルも実はあるのです。
  • 冬の季節は特に末端が冷えやすいので注意が必要です。冷え性が原因で起こる爪のトラブルは血流の滞りにより起こります。
  • よって、冬は冷えからの新陳代謝が悪くなることで血液循環が悪くなり爪にトラブルを起こさせるのです。

  • ・・爪トラブルの種類・・

  • 1、二枚爪:新陳代謝が低下し、爪母への血流が滞るため十分な栄養が行かなくなり、爪が薄く、弱々しくなってしまします。そのことで、二枚爪になってしまうのです。
  • 2、爪の凸凹:血行不良により爪を作るのに必要なたんぱく質の供給がうまくいかず、栄養不十分で爪の表面がボコボコしてしまいます。
  • 3、爪の乾燥:新陳代謝が悪くなれば保湿成分もいきわたりにくくなるため、爪自体の乾燥が進みます。乾燥することで割れやすくなったりかけやすくなったりしてしまいます。


  • 爪トラブルにならないためには、まず冷え性対策をすることです。

  • 1、運動をする。(ウォーキングを30分するだけでもOK)
  • 2、体温を高める意識をする(冬の旬の野菜は体温を温める効果があります。)
  • 3、手浴、足浴をする。(10分~20分ほどお湯に浸かると効果的です。)
  • 4、タバコを控える(タバコは血管を収縮させます。)
  • 5、コーヒーを控える(暖かい地域で取れるコーヒー豆は体を冷やす効果があるので、ホットコーヒーでは体は温まりません。)
  • 6、シルク製の5本指ソックスを履く(締め付けの強いソックスは血行不良になるのでゆるいものを選んでください。)

  • 冷え性対策をすることで爪トラブルの解決もできるのでぜひ試してみてください(^^)/ 


  • ★健康的なネイルを育てるために★

  • 食べ物の栄養からできている体。ネイルもそのひとつです。
  • 偏った食事や無理なダイエットなどは爪さえもボロボロにします。
  • そうなる前に健康的な爪を育てるための『爪育』を毎日の食事から始めましょう!!!
  • 爪の主成分はタンパク質です。肉や魚介類、乳製品などの動物性たんぱく質は爪に弾力性をもたらします。
  • 大豆などの植物性たんぱく質は爪を丈夫にします。バランスよく摂取してみてください。
  • 爪が薄くなっている場合はビタミン群が必要になります。
  • レバーやウナギ、卵黄や緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、爪を硬く丈夫にします。
  • 植物油やほうれん草、ナッツなどに含まれるビタミンEは爪の黄ばみを予防します。
  • 柑橘系、ジャガイモやサツマイモに含まれるビタミンⅭはささくれを予防してくれる効果があります。
  • また、爪の形成に関わるのがミネラル群です。乳製品や大豆、ブロッコリーなどに含まれるカルシウムは健康的な爪を形成するのに必須です。
  • レバーやひじき、マグロに含まれる鉄は、不足すると爪が薄くなります。
  • 豆腐や豆乳、にがりやワカメなどに含まれるマグネシウムは爪の形成にも役立ちます。
  • これらの栄養素をバランスよく食事に取り入れ『爪育』をぜひ始めてみてください。(^^♪

  •  いかがでしたか?
  • だいぶ、爪に対しての考え方が変わられたのではないでしょうか?
  • 爪ひとつにしても奥が深いのです!!! 
  • まだまだ寒い時期が続きますので、豆知識の一つとして活用してみてください(^^♪ 


  • 佐賀市 美容室 wise-fix 渡辺